top of page
検索

冬至=復活の始まり 


今年2020年は、12月21日に冬至を迎えます。

冬至は一年で一番昼が短い日。一番太陽の力が弱い日です。


でも、悪い日ではありません。


「一陽来復」 陰極まりて陽となる。

この日を境に太陽が力を増し、陽の氣が増えていく日です。


ヨーロッパでも冬至をお祝いする習慣は古く、ギリシャローマ時代から始まったと言われ、

北欧では冬至の祝福を起源とする聖ルシア祭が、クリスマスを象徴するイベントです。


東洋に限らず、北半球各地で暮らす人々にとって祝福すべき特別な日。

太陽が再び輝きを増し、生命の始まりを意味する、希望に満ちた日なのです。

日照時間は心に与える影響も大きいので、盛大にお祝いする気持ちもわかります。

そして、「一陽来復」には、よくないことが続いた後に、いいことが廻ってくる

という意味もあります。(待ってました!)


だからでしょうか。冬至のかぼちゃは有名ですが、これは風邪を引かないように

というだけではなく、「ん」が二つつくもの(なんきん)を食べて

運がよくなるようにという願いも込められているそうです。


なんきん、れんこん、ぎんなん、かんてん、うん(う)どん、にんじん、きんかん…

身体にもとても良さそうですが、全部具にして熱々のうどんを食べれば、

運気アップも間違いありません(笑)!


また、ゆず湯も「一陽来復」の運を呼び込むために、ゆずの強い香りで邪を払い、

自らを清らかにするための禊(みそぎ)としての起源をもつとか。


このように、光の復活を祝い、運気の上昇を願う冬至にまつわる習慣は、

身体だけではなく、心を調えて、力づける意味が大きいように見えます。


秋を過ぎて、弱まる光に寂しさや悲しさを感じるのは、地域や時代に関わらず、

みな同じなんですね。


でもそれも冬至の日で終わります。

栄養をたっぷり取って、ゆず湯につかり、増長するエネルギーを味方につけて、

冬を迎えましょう。


以前もお伝えしたように、冬は春が来るまでの間にエネルギーを蓄えておく季節です。

陽の氣が増えてきたからと言って、急に動き出してむやみに消耗せず、

心穏やかに、身体を暖かくして、発芽成長期に備えてください。


復活が少しずつ始まります。

2020年、お疲れ様でした。

新しい年が良い年になりますようにお祈りしています。

閲覧数:77回0件のコメント

Comments


bottom of page